企業情報

沿革

1903年11月 永田信一が東京都新宿区喜久井町において、わが国初のメリヤス編機の製造販売業を創業
1912年5月 本社、工場を豊島区北大塚ニ丁目に移転
1918年11月 組織を法人化し、商号を永田莫大小機械株式会社とする
1919年4月 商号を永田メリヤス機械株式会社に改称
1937年10月 商号を永田精機株式会社に改称
1938年3月 陸軍航空本部監督工場に指定され、航空機の部品等軍需部品の生産を行う
1944年6月 新潟県西蒲原郡分水町地蔵堂(現燕市)に新潟工場を建設、創業を開始
1973年3月 東京工場の生産設備を新潟工場に移転集約
1978年3月 東京工場跡地の再開発事業として、当社永信ビル(延床面積6,534.38㎡)が完成。同年 4月、本社を永信ビルに移転
1983年3月 新事業分野として、IC実装装置部門へ進出。テープフィーダー開発開始
1988年4月 テーピングマシン開発製造開始
1998年2月 永信ビル隣地に新立体駐車場(60台収容)建設
1998年3月 東京中小企業投資育成株式会社の資本参加を得、資本金を1億3,038万円に増資
1999年6月 ISO 9001 認証取得
2000年9月 本社を大塚ステーションフロントタワーに移転
2002年9月 新事業分野として、食品加工装置部門へ進出。
2003年11月 創業100周年を迎える
2004年11月 創業100周年を記念し、更なる100年への躍進を期して新ロゴマーク及びシンボルマークを制定
2005年3月 資本金を、1億4,706万円に増資
2005年9月 資本金を、1億5,341万円に増資。
2005年10月 エコ・アクション21 認証取得
2008年2月 資本金を1億5,994万円に増資。
2015年9月 本社を現住所に移転。

▲ ページトップへ